メールでのお問い合わせはこちら 無料見積もりはこちら このページの先頭へ戻る

ドローン屋根点検

このようなお悩みはありませんか?

業者さんの説明が理解できるか不安… 自分が見れない事をいい事に費用をかさ増しされてないか心配… 自分の目でも劣化状況を一緒に確認したい! 後から追加工事代を請求されないか心配… 古い家だから雨漏りしていないか気になる 台風や強風、ゲリラ豪雨などで屋根が心配 雨樋が曲がっているようだ 訪問販売業者に修理を迫られた
1つでも当てはまったら…
ドローン屋根点検×火災保険サポートサービスをぜひご利用ください!
ドローン屋根点検×火災保険申請サポートサービスとは?
ドローンによる屋根・家屋点検から、火災保険の申請、修繕までをプロがワンストップサポートするサービスです。

ドローン屋根点検×火災保険申請サポートサービスが選ばれる4つの理由

理由1 火災保険を利用することでお客様のご負担を最小限に。ご負担が0円になるケースもあります。

火災保険適用で実負担最大0円 その名称から、いかにも「火災のときしか申請できない」というイメージを持ってしまいがちな火災保険。
実は、火災でなくとも、風害、雪害などの「自然災害で破損した建物」の場合、ご加入中の火災保険が適用される場合があるのです。
台風や大雪が原因で破損してしまった雨樋は、正しい保険申請を行うことによって、最大で実負担0円で修理することも可能です。

加入したままになっている火災保険、これを機会に、一度お手元の書類を確認してみてはいかがでしょうか。

実は、火災保険に加入していれば80%以上の屋根が保険金で修理できます!
あなたの火災保険にも風災補償がセットされています!
台風 竜巻 落雷 雪害 火災
火災・落雷・爆発

「住まいの保険」の基本となる補償です。
火災や落雷、ガス漏れなどによる爆発などにより損害が生じた場合に保険金が支払われます。
また、これらの災害の清掃、搬出など後片付けにかかる「残存物取片付け費用」も補填されます。

意外なところでは、近年はゲリラ豪雨などもあり落雷が頻繁に発生していますが、雷によって壊れてしまった電化製品(テレビやパソコンなど)も補償されます。

風・雹・雪災

近年は大型の台風や暴風が頻繁に発生しており、瓦やコロニアル材が浮いたり飛んだりしています。
さらに飛んだ屋根材がガレージを破壊したり他人の家屋に被害を及ぼすケースも決して珍しくありません。

また、普段は雪がめったに降らない地方にも何十年ぶりのドカ雪やひょうなどが降っています。このような多種にわたる自然災害が原因で損害が生じた場合に保険金が支払われます。

水災・水漏れ

台風や暴風雨などが原因で起こった洪水や高潮、土砂崩れによって建物が床上浸水となった損害に対して保険金が支払われます。
また、これからの片付け清掃など後片付けにかかる「残存物取片付け費用」なども含まれます。
屋内では、給排水設備の故障で床が水浸しになったり、マンションでは上階の住人が水漏れを起こし、天井・壁が濡れるなどの事故も補填されます。

理由2 ドローンを使って短時間で安心の調査を実施します。

実は目視点検や高所点検カメラと比べても、正しく・安全に・早く・コストも安く実施できるのがドローンによる屋根点検です。ドローンを飛ばしている時の映像はモニターで一緒に見ていただくこともできるので安心です。

目視点検の場合
  • 足場を組めば、足場代がかかります。
    しかし、足場を組まなければ安全を確保することができないため、危険な場所の診断ができません。移動にも時間がかかってしまいます。

高所点検カメラの場合
  • 高所点検カメラは、目視よりも安全に細部の確認ができますが、専用の三脚を設置するスペースが必要なため、立地条件によっては死角ができてしまうこともあり、正確さに欠ける場合があります。

ドローン屋根点検の場合
  • 高解像度カメラで、細部の劣化を特定することができます。足場代もカットでき、高所にのぼる必要がないため安全に屋根点検を行うことができます。
    所要時間も、5~10分と短時間で作業が可能です。

理由3 墜落時などトラブル発生時の保険も完備。

万が一、ドローンを使った屋根点検中のトラブルで墜落したとしても、保険に入っているので安心です。ご迷惑をおかけすることはありません。加入している保険は日本で唯一のドローン専用の保険です。

ドローンは、航空写真撮影、災害調査等を目的として近年その商業的または公共的な利用機会が増加しております。
しかし、ドローンの使用には機体そのものの損壊リスクや第三者への法律上の損害賠償リスクが伴います。

操縦ミスによる機体の損壊、空撮中の紛失や盗難、落雷などによる破損、家屋や人にぶつかり家を損壊させてしまった、けがをさせてしまった場合なども、保険が適用されますので、安心してドローン撮影をお任せいただけます。

保険が適用される条件 操作ミスにより機体が落下し通行人を負傷させてしまった 機体が駐車していた車に接触し破損させてしまった ドローンが墜落し屋根が破損してしまった ドローンが激突し壁面が破損してしまった 意図しない写り込みによりプライバシー侵害で訴えられてしまった
このような場合も保険が適用されますので、安心してドローン撮影をご依頼ください!

理由4 外壁屋根のプロ自ら屋根点検アプリを用いてドローンを操縦

ドローンを操縦するのは、国の飛行許可を受けたパイロット。外壁屋根のプロフェッショナル自らドローンを操縦することで、的確にポイントを抑えて必要な箇所を効率よくチェックしていきます。診断時は、天気予報を事前に確認し、風速や風向きを小まめに計測し、慎重に行います。

障害物の距離を確認し、近隣に電波障害が発生となるものがないか確認します。屋根点検専用アプリでの自動操縦なので、操作ミスによって事故を起こすことはなく安全に操縦ができます。

お申し込みは簡単3つのステップで

Step.1 フォームまたはお電話にてお申し込み お申し込みは無料です。 Step.2 担当者によるヒアリング 日程の調整や今後の流れについてご案内いたします。 Step.3 ドローン調査を実施 1時間程度で調査は終わります。調査中はモニターを一緒にご覧いただきながら進めていきます。

よくある質問

火災保険を使うと保険料は上がりますか?また、何度でも使用できますか?

保険料は、自動車保険と異なり等級制度などはございません。そのため、何度使っても同じ保険料になります。また、被災するたびに申請をしていただければ、何度でも火災保険は使えますので、積極的に利用いただいた方が良いと思います。

昨年の台風で屋根が壊れたのですが、これを保険申請できますか?

保険申請は、3年前の自然災害まで遡って被害を受けた部分の申請が可能になっています。
ただし、破損状況を見て支給額は決まります。修繕費全てが支給されるわけではありませんので、この点はご了承くださいませ。

加入している保険会社によって使えないなどの制限はありますか?

特に制限はないのですが、加入されている保険の内容によっては申請できない箇所もございます。
一度お問い合わせくださいませ。

保険申請すれば、必ず火災保険会社から保険金がもらえるのですか?

風災や雪災かどうかの判断や補償額の決定は、保険会社と契約している調査会社が行うため、必ず保険金が出るわけではございません。ただ、最終的に7~8割が保険の対象になると言われています。
この辺りは過去の経験からある程度アドバイスをさせていただきますので、一度無料のご相談をご利用いただければと思います。

相談料はかかりますか?

相談料はかかりません。また、ご説明やお見積もりも無料ですので、お気軽にご相談くださいませ。

詳しくはこちらの予約フォームからお申し込みくださいませ!

ドローン屋根点検